【旧約聖書】「ノアの大洪水」の水はどこから来てどこに消えたのか?聖書の創世記は真実を語る…

謎・ミステリー 都市伝説

ノアの箱舟伝説とは、言わずも知れた旧約聖書の『創世記』にある記述ですが、地上での人間たちの悪行を見兼ねた神が大洪水を起こす事を決め、正しい道を歩んでいたノアとその家族に箱舟を作るように命じ、大洪水からあらゆる動物を守らせたとういう話になります。

このノアの大洪水とノアの箱舟は事実に基づく話なのかそれともそうでないのかという議論は長年続けられていますが、今のところ決定的な証拠はなく「伝説」だという見解が一般的になっています。

この話が事実だとすると、世界を飲み込んだとされる水はどこから来て、どこに消えたのか。地球上の生物の種を保存するための超巨大な箱舟は、当時の技術で本当に作れたのか、そして、その舟はどこに辿り着きどうなったのか。

そもそも世界中の生物をどうやって集めたのかなど、多くの解決できない疑問がわきあがります。ちなみにですが、旧約聖書の一部を抜粋すると以下のように記述されています。

『神は地上に増えた人々やネフィリムが悪を行っているのを見て、これを洪水で滅ぼすと「神と共に歩んだ正しい人」であったノア(当時500~600歳)に告げ、ノアに箱舟の建設を命じた。ノアとその家族8人は一生懸命働いた。

その間、ノアは伝道して、大洪水が来ることを前もって人々に知らせたが、耳を傾ける者はいなかった。箱舟はゴフェルの木でつくられ、三階建てで内部に小部屋が多く設けられていた。

箱舟の内と外は木のヤニで塗られた。
ノアは箱舟を完成させると、家族とその妻子、すべての動物のつがいを箱舟に乗せた。洪水は40日40夜続き、地上に生きていたものを滅ぼしつくした。
水は150日の間、地上で勢いを失わなかった。

その後、箱舟はアララト山の上にとまった。
40日のあと、ノアは鴉を放ったが、とまるところがなく帰ってきた。
さらに鳩を放したが、同じように戻ってきた。
7日後、もう一度鳩を放すと、鳩はオリーブの葉をくわえて船に戻ってきた。
さらに7日たって鳩を放すと、鳩はもう戻ってこなかった。
ノアは水が引いたことを知り、家族と動物たちと共に箱舟を出た。
そこに祭壇を築いて、焼き尽くす献げ物を神に捧げた。
神はこれに対して、ノアとその息子たちを祝福し、ノアとその息子たちと後の子孫たち、そして地上の全ての肉なるものに対し、全ての生きとし生ける物を絶滅させてしまうような大洪水は、決して起こさない事を契約した。
神はその契約の証として、空に虹をかけた。』

このように書かれていますが、聖書にはとても想像を掻き立てる話が多くこのノアの箱舟伝説もラッセル・クロウ主演の映画「ノアの約束の舟」で忠実に再現されているので、興味のある人はぜひ一度見てもらうと全体像をつかみやすいかと思います。

世界を覆う大洪水

現代に生きる私たちからみれば、世界を覆い尽くすような大洪水というのはあまりにも現実離れした話だと感じてしまいますが、世界中には多くの大洪水伝説が残されていて、このことから考えるとやはり「ノアの洪水」は事実なのかと思ってしまいますが、その一部を紹介すると

★ギリシャ神話(デウカリオ)
★インド・プラーナ聖典( シャタパタ・プラーフマナ-マヌのエ一族)
★カマル族の伝承(サチュラワタ)
★ビルマの伝承(チンガポ)
★オーストラリア原住民クルナイ人の伝説
★タヒチ島の伝説
★ペルー インカ人の伝説(コフコフ)
★チプチャ族の伝説(ポチカ)
★北アメリカ リヴァー族の伝承
★マンダル族の伝承(ヌモクモクバ)
★グァラニー族の伝承(タマンデレ)
★アフリカ・マサイ族の伝説
★イギリス・ウェールズの伝説(ドワイファンとドワイファック)
★北欧神話エツグ(ベルガルメル)
★中国伝説 禹帝と七人の賢人
★エスキモー伝説

などがあるそうです。
聞いたことのない伝説も多いですが、この他にも探せばまだまで伝承は残っていそうで、その数すら把握できていないのが現状です。

しかし、冒頭でも少し触れたように世界中の陸地を覆い尽くすような大洪水という規模が、どうしても現実味を削いでしまいますが、果たして地表が覆い尽くされるような大雨が降る気象条件はあり得るのでしょうか。

もし、そのような大洪水が現実だとすれば、ノアの大洪水以前、地球は厚い雲の層で覆われ、 極地でも赤道付近でも関係なしに、地球全土が温室効果的な状態にあり、 緑豊かな状態であったという説をフォーカスする必要があり、この雲が何らかの状態変化によって雨となって地上に降り注いだ場合、地球上の陸地が全て水没するくらいの水分を蓄えていた可能性があるようです。 

ちなみに、これは極地において石炭やマンモスの冷凍遺体が発見される科学的説明にもなっているようです。なぜなら、石炭のほとんどが熱帯・亜熱帯に存在する樹木であり、それが比較的若い年代の地層から発見されるのは、そこが昔、熱帯・亜熱帯気候であった証拠となるからです。

さらにマンモスが絶滅したの大昔の話ではなく、時代的にノアの大洪水の頃と一致すると指摘する研究者もいます。

消えた水の謎

先ほど述べた説により地球上に大陸を覆い尽くすような大洪水が起きたとします。しかし、地球上を覆い尽くした水はどこに消えたのかという疑問が残ります。

これについては、ひとつの説として地球を覆っていた雲の層がなくなったことで、地球全体の温室効果がなくなり温度差のハッキリした状態が作り上げられ、極地を覆っていた水が凍り、凍ったことによって減った水の分だけ、陸地が現れたという説が挙げられます。

ですので、現在世界規模の環境問題となっている温暖化により極地の氷や永久凍土など、地球上に存在する氷が溶け出すことで海水面が上昇し、世界が水没する可能性があるという意見も出されています。 

実際、北極海に浮かぶ氷は水面に現れている部分は極一部であり、水面下には巨大な氷が隠れていますし、南極大陸の氷の厚さは最大で4,000メートルにも達すると言われていますので、これら全ての氷塊のトータル量は、とてつもない量になることがわかっています。

ただ、これはひとつの説に過ぎず、現実的にみてこの大量の氷が短期間で溶け出すという現象は、やはり起きにくいと言えます。

これが徐々に起きるというのであれば可能性は高くなりますが、旧約聖書の記述を見るとノアの大洪水はかなり短期間で発生していると読み解けますので、そうなるとやはり大洪水自体の信憑性は疑わざるを得ないかとも思います。

洪水伝説の信憑性を考察

結局のところ、私たちの知る範囲での常識では地球全体を覆い尽くすような大洪水は起き得ないだろうというのが正直なところになりますが、これは私たちの固定概念が邪魔しているとも言えます。

そもそもこの大洪水の伝説はいつからあったのかということも気になるのですが、古代メソポタミアには、「ギルガメッシュ」という叙事詩があり、そこに冒頭で紹介した旧約聖書・創世記の原型になったであろう記述があります。

このギルガメッシュ叙事詩が聖書の原型なのかどうかはさて置き、これは、紀元前3千年頃にメソポタミアで書かれたものとされ、恐らくは世界最古のものだと考えられます。

つまり、旧約聖書が書かれる2千年以上も前に存在していたことになります。このギルガメッシュ叙事詩は、何世紀もの間に中近東の至る所で書き写されていったため、そのあらましは、形を少しずつ変えていったと考えられていますが、一様に大洪水の伝説が記されていて、古代オリエントの文献にある大洪水にまつわる数々の伝説は、すべて、この話を起源にしていると思われます。

そうなるとノアの大洪水が実際に起こったのかどうかを調べるには、伝説の大本であるこの「ギルガメッシュ叙事詩」を調べるしかないということになるのかもしれません。

ノアの箱舟についても1965年に人工衛星がトルコのアララト山で巨大な船影を捉え旧約聖書に出てくる箱舟のようなシルエットであり、一大センセーショナルを巻き起こしました。

2010年には、トルコと中国の「キリスト教福音派」の考古学者ら15人からなる探検チームがアララト山の標高およそ4000メートル地点で発見した構造物の木片を採取し、炭素年代測定を行ったところ、ノアの方舟がさまよったとされる今から4800年前と同時期のものであることが確認され、探索チームは「100%とは言い切れないが、99.9%は確信している」と語っています。

標高3500メートル以上で人の住まいが発見されたことは過去にないため、発見された木片に期待を寄せる研究者は多いようですが、この発見以後、情報は更新されていないようで現在調査が進んでいるか不明です。

アララト山は、 聖域とされており、しかも政治的な問題もからみ、最近まで、侵入することさえ困難な場所だったため調査も難航しているのでないかと思いますが、実はこの発見を「不都合な発見」と捉える組織が妨害してたりするのかなとも思ったりします。また、調べて新しい情報があればお伝えしたいと思います。