古代文明・テオティワカン人が崇拝した神は〇〇!?神の存在は古代人は何をもたらしたのか…

古代遺跡・古代文明 謎・ミステリー

サブチャンネル【世界ミステリーゼミ】にアップロードした動画です。

テオティワカンとは、メキシコシティの東方50キロの場所にある紀元前2世紀ごろに造られたとされる都市で、西暦350年~650年の最盛期には、20万人を超える人々が住んでいたといわれている。

当時の世界人口が3億人前後だと言われているので、この都市の巨大さが分かると思う。テオティワカンから出土された副葬品やタルー・タブレロといわれる建築様式から、マヤ文明と交易を通じて交流があったとされているが、7世紀末には衰退し廃墟となったこの都をアステカ族が見つけ、「神々の座所」という意味の「テオティワカン」と名づけられ、現在でも「神々の都市・テオティワカン」と呼ばれている。

この古代都市は、建物一つを見ても、そこに住んでいた人々がかなりの高度な建築技術を持っていたことが分かる。

また、翡翠や黒曜石も出土しており豊かな生活を送っていたことが想像できるが、7世紀頃に急激な衰退が始まり、わずか100年足らずで都市昨日は失い人々が忽然と姿を消したことがミステリーとされている。

テオティワカンの概要

テオティワカンの遺跡は、その壮大さで今も観光地としての人気を博しているが、その中央をほぼ南北四キロにわたって走る「死者の大通り」沿いに、「太陽のピラミッド」「月のピラミッド」「城塞」といった巨大なピラミッドや神殿群が無数に立ち並び訪れたものを圧倒する。

城塞は4キロ以上にわたる直線の「死者の大通り」のちょうど中間地点にあり、城塞の中の東の端にケツァルコアトルのピラミッドがある。太陽のピラミッドは「死者の大通り」を1キロほど北に上がった通りの東側に位置し、月のピラミッドは大通りの北の端に建っている。

現在では当たり前になりあまり気にしないようになったが、エジプトが発祥とされ火星にまで存在すると言われるピラミッドが南米の地にもあることは、とても興味深くどのような経緯でピラミッド建造が行われたのかは謎である。

死者の大通り

謎といえば、先ほど説明した「死者の大通り」は何故か真北から15度30分ほど東側に傾いていて、これだけの巨大にして整然とし、計算し尽くされた都市遺跡を造ったテオティワカン人が意味もなく都市の中心線を南北の軸からずらしたのは不自然で、そこにはなんらかの意図が隠されていると指摘する研究者が多くいる。

この奇妙な傾きについては様々な説が出されているが、天文学的な意味合いがあると主張する専門家の意見が説得力があるように思われ、その中の代表的なものにジェラルド・ホーキンズ教授の「シリウス・プレアデス軸」説やスタンズベリー・ハガーの「天の川」説がある。

これは宇宙全体で見た基準となる時間軸のことを指すようであるが、ようは時間軸の変化を「死者の大通り」の傾きで表したのではないかといわれている。

しかし、何故そのようなことをする必要があったのかは解明できておらず、天文学の知識を構造物として後世に残したのか、それとも宇宙全体の時計としての役割があったのか想像が膨らむ。

また、この「死者の道」という名称は、アステカ族の命名によるものでアステカ族がこの地を訪れた際、通りの両側に並ぶ建物の跡を王の墳墓と見間違えたこと、更には道から多くの遺体が発見されたことに由来するとされる。

近年になり、南北に走る死者の道に対して,ほぼ直角のに交わる東西の道があったことが判明したのだが、この南北、東西の道が、北は北斗星のアルファ星、東はシリウス、西はスバルの方向になっているという説もあり、やはり宇宙を意識した構造だったことが強くうかがい知れる。

これら宇宙とテオティワカンの共通性を見つけることも重要ではあるが、その他にも諸説がある。地震大国と言われる日本に住む私たちにとって一番興味を抱くのは、この「死者の大通り」が「世界の地震計測器」だという説で、「死者の大通り」は「通り」ではなく、巨大なプールであり、貯めた水の動きで地震の規模やどこで発生するかなどを計測していたというものだ。

21世紀の現代であっても困難である地震計測を行えていたのかは明確ではないのにコンピューターを用いず地震計測が行われていたとすると、私たちの人智を超えた知識と技術だったことを認めざるを得なくなる。

ピラミッド

「死者の大通り」だけでも多くの謎があるのはわかったと思うが、複数存在するピラミッドはさらに興味深い。

太陽のピラミッドは、高さ65メートル、底辺の一辺の長さが225メートルもあり、頂上までは248段の階段で構成され、平坦な頂上部分には、かつて神殿が立っていたと推定されているのだが、年に2回、太陽が天頂点に達した時、ちょうどピラミッドの真上に来たり、夕刻には真正面に沈んでいくように設計されているが、これは、テオティワカン人の文明の高さを示すとともに、太陽崇拝の宗教観を示しているとも言われ、古代エジプトが太陽神ラーを崇拝したのと類似しているが、さらに驚くことに、このピラミッドの内部には、さらに古いピラミッドが存在することが判明しており、その歴史がさらに古い可能性も示唆している。

この太陽のピラミッドとは別に「月のピラミッド」と呼ばれる太陽のピラミッドよりは少し小規模なピラミッドも存在している。

宗教的に重要な行事のほとんどは、太陽のピラミッドではなくこの月のピラミッドで行われていたと推定されているが、冷静にこの遺跡全体を見ると大規模な儀式の場である可能性があり、なんとなく見ていると気付かないが、この時代にこれだけ巨大な構造物を建築し、神を祭る儀式を行っていたというのは、なんともオカルティックであるし、信仰がどの程度のものであったかは想像を絶すると言える。

ケツァルコアトル神殿

遺跡の南端に位置する、ケツァルコアトルの神殿にはケツァルコアトルと呼ばれる羽毛の生えた蛇をモチーフとした豊穣の神が祀られている。この神は、アステカなどで頻繁に登場する、最も人気のある神であるが、これは世界中で見られる爬虫類信仰の代表格とも言える。

一体全体この爬虫類信仰は何かという話であるが、これは一部で噂されるレプティリアンなのではないかと考えることができる。アダムとイブを誘惑した蛇から始まる爬虫類と人間との関係の真実を私たちは知ることができない。

しかし、世界中でこれだけ多くの爬虫類信仰があるということは、見方を変えれば人間が爬虫類に支配されていたと見ることができるのかもしれず、人間は明らかにそれら爬虫類の神の下に位置していたことになる。

さらには生贄の儀式が盛んに行われていたのも事実であり、レプティリアンが人間を捕食するという噂もこういうところから来ている可能性がある。

遠回しに言っても仕方がないので単刀直入に言うと、当時は爬虫類信仰としてレプティリアンが人間を支配し、人間からは神と崇められていた。

その土地を統治する見返りとして生贄が捧げられ、その支配が長く続いたという考えもある。これは、一般的な考古学的見解とはならないが、あまりにも残忍な生贄システムや、そもそも生贄のシステムは創造主が望んでいたとは私は思わない。

無論、古代人の発想がそうであった可能性はあるが、このような遺跡を創り上げることができた人たちが愛や母性本能を無視するような行動をとるとは信じ難くないだろうか。オカルト好きは、このレプティリアン説が好きだと思うが、あながち安易な否定もできないのではなかろうか。

文明の衰退

これほどの隆盛を誇ったテオティワカンだが、7世紀ごろになると急速に衰退し、わずか100年ほどの間に完全にゴーストタウンと化している。

その理由については、他民族による侵略説、神官と貴族の対立説、飢饉説など多数あるが、いずれも確定的なものはない。

組織的に計画された放火によるものと思われる大火災の跡がいくつか発見されているが、その年代や理由までを正確に推測するのは残念ながら不可能で、もしかしたら、人間が神とされる爬虫類「ケツァルコアトル」に反旗を翻した結果、文明が幕を降ろすことになったと考えるのも話としては面白い。

私たちは「常識」と言うマスクをはめることにより、真実が見えにくくなっているが、多くの選択肢を持ち、様々な可能性を考えることが必要だと言える。