地球人の故郷は火星!?衝撃のパンスペルミア説とは…

謎・ミステリー 都市伝説 都市伝説(地球外生命体)

火星に生命体が存在しているという話から始まり、人類の故郷は火星だなどという話まであり、どれをとっても好奇心を書き立てられますが、過去には「地球の生命の誕生は、火星から飛来した隕石によってもたらされた鉱物によるものだ」とする新説も発表されています。

この新説に対し、アメリカ・ウエストハイマー科学技術研究所のスティーブン・ベナー教授は、火星から来た隕石に含まれる酸化鉱物の形態の「モリブデン」という元素が、命の形成に欠かせない要素の炭素分子が分解してベトベトしたタール状物質になるのを妨ぐ働きをしたと言い、さらに「初期の生命がどのようにして形成されたかにモリブデンが影響を与えられるのは、モリブデンが高度に酸化された場合に限られる」 「この形態のモリブデンは、生命誕生当初の地球では得られなかったかもしれない。

30億年前の地球の地表には酸素がほとんどなかったからだ。だが火星にはあった。」と声明を出しています。つまり、要約するとはるか昔の地球上は生命が住める環境ではなかったものの火星は酸素も存在し生命が存在できる環境だった。その後、どちらの惑星も環境が変化し、地球も生命が住める環境になっていったが、火星由来の「モリブデン」が最終的な決め手となり、地球での生命の繁栄が始まったということになります。

「人類のふるさとは火星」だと聞くと、SF映画のように感じますが、惑星科学者たちの多くは、もし、火星に過去に遺伝情報を担うDNAやRNAを含む有機化合物のかたまりが存在したとすれば、これが私たちのベースとなる「生命」ということになり人類を含め地球上のすべての生物の遠い祖先である微生物が、火星から隕石に乗って宇宙を渡ってきたかもしれないという可能性は多いにあり得るそうです。

この説を検証するためにマサチューセッツ工科大学とハーバード大学のチームは、火星でDNAやRNAを探すための装置を開発するプロジェクトも始動されたようです。

パンスペルミア説

これはあまり耳にしたことがない言葉だと思いますが、パンスペルミア説とは、生命の起源に関する仮説のひとつで、生命は宇宙に広く多く存在しており、地球の生命の起源は地球ではなく、他の天体で発生した微生物の芽胞が地球に到達したものであるという説になります。

パンスペルミア説を検証するために、日本の共同チームも研究をすすめ国際宇宙ステーション (ISS) のきぼう実験棟の船外に設置したエアロゲルと呼ばれる超低密度のシリカゲルにより、宇宙空間を高速で飛んでいる微小な隕石や粒子を捕集し、そこに生命の材料になるような有機化合物が含まれるか、また、微生物が惑星間の移動に耐えられるかという問題を検証するための実験が行われています。

火星の生命の探索としては、1976年にNASAが火星に送り込んだ探査機バイキング1号・2号が生命が存在するのかを確かめるべく3つの実験装置を搭載しています。

そのひとつの標識放出装置では、生命の存在を示唆したものの、他の実験では、その結果を裏付けるものではなかったために、最終的に「火星に生命は存在しない」という結論にいたったのだそうですが、そのデータを生物の痕跡と非生物の痕跡とに分類する数学的手法を用いて、バイキングが収集したLR実験のデータを解析した結果、最初の実験は火星の土壌から微生物の痕跡を確かに発見していたとの結論に達したそうです。

また、1996年 ジョンソン宇宙センターとスタンフォード大学の研究グループは、火星から飛来した隕石中に生命の痕跡らしきものを発見したと発表しています。

この隕石は、1984年に南極で発見されたもので、研究チームは 隕石が36億年前の火星でつくられ、1500万年前に火星に落下した物体の衝撃で飛び出したと推定。

この隕石が火星起源であることは、成分がバイキングの調査した火星の物質と似ていたため火星由来であることが分かっています。

この説はいったん生物化石ではないという意見が多数を占めたものの、その後、やはり生命の痕跡ではないかという分析結果が出たりするなど、結論が二転三転して確定的な証拠とは言い切れない状況ですが、地球と火星の間を生命が移動することができるかもしれないという可能性を与えたことになり、これは太陽系全体についてもあてはまる考え方だとされました。

火星文明の痕跡

火星には水が流れているという痕跡があるという話は先日の動画でもお話ししましたが、火星の水は今も流れているという発表をNASAが行っています。

NASAがこの発表を行うということは、火星に生命体が存在するという推測がより真実味を帯びてくるわけですが、学術誌の論文にも 「水は我々の知るところの生命にとって不可欠である」「火星における液体の水の存在には、宇宙生物学的・地質学的・水文学的意味があり、将来の人間による探査に影響を与える可能性がある」と書かれていて、地球外生命体が存在するであろうことが示唆されています。

ここまでが一般的な情報ということになりますが、そこでやはり気になるのは火星に存在するとされる遺物やオーパーツとされる謎の物体のことで、以前の動画でもそれらをたくさん紹介してきましたが、まだまだあるようなので、お伝えしたいと思います。

ただ、個人的な見解からいくとほとんどが岩の見間違えだろうと思っています。その理由としては、火星に酸素が存在し生命が存在したとしても、それが30億年前とかの話であれば、いまだに骨や人工物が果たして形を保って存在しているというのはあり得るのかということで、今言ったようにほとんど「見間違い」だとは思いますが、それでも、やはり何か火星文明の痕跡のように思えるものもあるので皆さんの意見をお聞きしたいです。

NASAの火星探査機・スピリットが2005~2006年に撮影した火星の大地に、頭蓋骨のような物がハッキリと写っている事が当時話題となっています。

これは、2006年5月9日火星の異常地形を研究しているジョゼフ・スキッパー氏が発見したのですが、探査機マーズ・スピリットが撮影した画像の中に人間の頭蓋骨とおぼしき物体があり、詳しく見ると頭部から額、眼窩、そして鼻にいたるまでのディテールはまさしく人間の頭蓋骨のように見えます。

頭蓋骨のようなものが発見された場所は、ガゼフ・クレーターの上方に位置する一角だそうですが、このガゼフ・クレーターといえば、マーズ・スピリットによる高空からの画像で植物が繁茂しているのではないかと、かねてから指摘されていた場所で、カラー画像ではその周囲一帯が緑色に見えることでも知られる場所です。

また、発見されたのは、頭蓋骨ばかりではなくスキッパーは、同じクレーター内の麓を撮影したパノラマ写真を詳しく分析し、貝殻状の物体も多数発見しているそうです。

これらは、岩の造形ではなく古代火星人の骨だという主張も多く、さらに火星の岩だらけの風景が写真の岩陰にサイズが15センチほどのアタカマヒューマノイドが写っているのも話題を呼びました。

また、イギリスのミラー紙では『「仏像」のような物体が火星で発見された』という見出しが掲載され、その物体は火星に知的生命体が存在していた”証拠”だと表現されたそうです。

また、2016年7月1日に、キュリオシティが撮影した写真には、何もない丘の上に散らばる無数の岩の間にこの遺物とされるものが発見されていて、よく見ると鼻と口、首、耳が見え、フェイスマスク、前頭には飾りか記章のようなものが見てとれ、長く見える頭部はヘルメットにも見えます。

最後は、火星の前方後円墳ですが、日本にある前方後円墳に似た形状のものが火星でも発見されていて、前方後円墳は3世紀後半から7世紀前半にかけ、権力者などの墓として数多く作られていた古墳で確認されているだけでも、16万以上の古墳が日本国内に存在しているのですが、皆さんの中にも何故、先人たちは墓をあのような形にしたのかと疑問に思ったことがある人も多いと思いますが、もしかしたら、前方後円墳は火星由来の形状で古代の人たちが何らかの方法で火星文明を知り、それを真似たのかもしれないと考えると、とても面白いと思います。

そして、何故真似る必要があったのかというのは、人類の故郷は火星であり、それをしのんであのような形にしたと考えると想像がさらに膨らみます。

NASAは、この火星の前方後円墳に似た形状を「長い時間をかけて周囲の地形が侵食された結果」だという見解を示していますが、形状だけ見ると確かに前方後円墳とそっくりなので、これらに証拠となる関連性が見つかると人類の歴史がひっくり返ることになります。