航空自衛隊が東京上空でUFOと戦っていた!?日本の公的機関も謎の飛行物体と遭遇している…

都市伝説(地球外生命体)

水産庁調査船「開洋丸」UFO遭遇事件

これは1984年12月18日に南アメリカ大陸の南端、大西洋上のフォークランド諸島近辺で水産庁調査船「開洋丸」がUFOと遭遇した事件になります。

詳しい概要としては、午前0時頃に開洋丸が北進中、航海士が正面に見えるオリオン座付近から東へ動く不審な光体を発見。それは二等星ほどの明るさで、速度や方向が一定しないままフラフラと動いていたそうです。

それから光体は速度を上げて、一直線に東に進んで視界から消えたのですが、この光は約10分おきに計8回同じ場所に現れ、4回は右へ、2回は上へ、2回は下へスピードを上げて消えたと航海士の証言にあります。

この未確認飛行物体の目撃で、就寝中のN農学博士も起こされ、操舵室で最後の物体を目撃したそうです。博士はすぐに目撃者に話を聞いて目撃状況を整理しておいたそうで、それがこちらになります。

「一番上に移動、上に移動、下に移動、一番下に移動、移動、修正、削除 詳細な場所は午前0時の時点で、南緯53度45分8秒、西経64度37分0秒。1時42分の時点で、南緯53度25分5秒、西経65度00分9秒。

今度は2年後の1986年12月21日、ハワイやミッドウェー島の西側にある、ウェーク島近辺での出来事。」

「午後6時頃、操舵室のS二等航海士が、船の左舷5kmに、巨大な楕円形の物体をレーダーで発見した。日没前だったが、双眼鏡では何も見えなかった。夜10時30分頃、当直を交代したS三等航海士、M甲板員ら3人が、レーダー上で300mもあるような巨大物体をとらえたのを確認した。しかし、目視では確認できない。レーダー上でのみ確認されたUFOは、開洋丸の周囲を数度回った後、突然直角に角度を変えて船に向かってきた。
そして衝突するかと思われた瞬間、物体は鋭角にターンして去って行った。計算で得られた時速はマッハ4(時速4,900キロメートル)強の猛スピードであった。」

「11時10分頃、一人でレーダーを見ていた村塚甲板員が、今度は船の背後に突然楕円形の巨大物体が現れたことを確認した。他の乗組員がデッキでUFOの姿を探したが、相変わらず姿は見えない。 UFOは船に衝突寸前でレーダーから消えた。
村塚甲板員が「ぶつかる!」と叫んだ瞬間、UFOが真上を通過したと思われる瞬間、衝撃も振動もなく、物体が風を切り裂くかなり高いゴーっという轟音だけがした。轟音がした直後、前方に巨大な赤と黄色の強い光が見えたという。」

この航海の話は、のちにN博士が目撃者からの聞き取りを行ってまとめ、科学専門誌「サイエンス」1988年9月号)に、「調査船『開洋丸』が遭遇した未確認飛行物体の記録」として発表しています。

しかし、この事件の1回目の遭遇はアルゼンチン軍の軍事演習、2回目の遭遇は米軍の軍事演習だったという説があるようです。

それは電子妨害装置の妨害電波でレーダー等をかく乱するもののようだったとも言われていますが、1回目の遭遇が、イギリスとアルゼンチンの間でフォークランド諸島の領有を巡って争った1982年のフォークランド紛争の後であることから、演習ということは十分にありえるのではないかと言われているようです。

しかし、2回目の遭遇は、レーダー上の巨大UFOは妨害電波が作り出した虚影であったり、説明が困難な事象が起きていますが、秘密兵器と言ってしまえば話は闇に葬られてしまうことになります。

ただ、先ほどの詳細な記録を思い出すと、そういった兵器の類のようには思えないリアルさがあるので、いずれにしても疑問は残ります。

なお、日本の船はハイテク機器を積んでいる上、国際社会上発言力が弱いので、こういった軍事演習のターゲットにされることが多いという話もありますが、真相は迷宮に入ってしまっています。

自衛隊機UFO戦闘事件

1974年6月9日の夜に 茨城県の航空自衛隊百里基地所属のN2等空佐の操縦するファントム戦闘機とUFOが対戦し、N空佐が亡くなるという日本で初めての事件が発生しました。

当日、国籍不明機が発見され、2機の戦闘機がスクランブル発進しました。その後、1機は故障のため基地に帰還していますが、命令が急きょ「UFOを追跡せよ!」 と変更になりN2等空佐のファントム1機で夜の東京空域に出現したUFOを追跡することになったそうです。

N2等空佐は、よく晴れた東京空域の夜空で数キロ前方に丸い形をした直径約10mのUFOを確認。追跡を開始し接近すると、まもなくUFOは高度を下げて旋回し、次の瞬間ファントム機をめがけて何度も攻撃を繰り返し、ついに4回目にUFOと衝突してしまったそうです。

激しい衝突の衝撃が 体全体に伝わり、N2等空佐の悲鳴と同時に同乗していたK空佐の体が座席と一緒にフアントム機の外へ飛び出し、パラシュートが開きました。

K空佐は、体がガタガタに震えたそうですが、右の前方にはN2等空佐のパラシュートが確認できたもののパラシュートは引火して燃え上がりN2等空佐を助けることはできなかったそうです。

このUFO死亡事件に対して、防衛庁・航空自衛隊は厳しいかん口令と隠ぺい工作を行い、当時、日本国内では一切報道されなかったそうです。

かろうじて生還したK空佐は さっそく事件の真相を自衛隊幹部に詳細に報告しましたが、この重大なUFO死亡事件を3年間も隠し続けた防衛庁に呆れたK空佐は、 航空自衛隊を退職しています。

K空佐は、人命や真相解明よりも UFO事件の隠ぺい工作を優先する防衛庁の体質に対し、許せないとして米国報道機関に告発することとなりK空佐は、次のように公務証言しています。

「UFO宇宙船を追跡して思ったことは、非常に高度に発達した知性と文明をもつ生物が 操縦していると確信しました。当初、ソ連機の侵入を阻止するためだとのスクランブルでしたが、まもなく明るく輝くUFOの実態を確認・調査・報告する命令に変更されました。 

UFOは、赤やオレンジ色に輝くデスク状の機体で、急接近等を何度も繰り返し、とても危険な状態であったため、やむなくN空佐は、 激しい降下や旋回行動をとりました。

その後、間もなくしてUFOが ジェット機に体当たりして破壊され脱出せざるを得なくなりましたが、N空佐のパラシュートに引火して急激なスピードで落下し亡くなりました。

亡くなられたN空佐と遺族のことを思うと、絶対に無駄死にさせてはならない。この事件を闇に葬ってはならないと思い、外国の報道機関に真実を語ることになりました。」このように語ったそうです。K空佐が現在どのように暮らしているかは不明ですが、このようなことが日本の上空で行われていたのは、本当に驚きです。

航空自衛隊や日本の民間旅客機のパイロットがUFOを見たという話は以前より多くありますが、基本的にはパイロットはUFOを見ても「何も見ていない」という姿勢を示すことが暗黙的に決まっているようです。

もちろん過去には、それを口外したり話を上層部にあげた人たちもいたようですが、その人たちは決まって精神疾患として扱われ、パイロットとしての立場を奪われることになったそうです。

つまり、何らかの力が働いて「職を奪う」という脅迫により誰も話を公にできないという仕組みになっているようです。

パイロットになるには人並みはずれた知能と技術、身体能力が必要だとされ、やっとのおもいでその資格を得るわけですので、その立場を捨ててまでUFOの存在を明るみにする必要はないと判断させるのだと思います。

しかし、一般人もそのことはもうすでにわかっているので近い将来、国も正式にUFOの存在を認めるしか無くなるのだと思います。